eve autonomy

導入事例

オートモーティブワールド「自動運転EXPO」の株式会社マップフォーのブースにてeve autoの車両を展示

~eve autoにも使用されている3次元データ計測システムや高精度3次元地図作成ソフトウェアを実演展示~

 

 株式会社eve autonomy(イブ・オートノミー、静岡県袋井市、代表取締役:星野 亮介、以下「eve autonomy」)は、2024年1月24日(水)~26日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第16回 オートモーティブ ワールド ‐クルマの先端技術展‐」(主催:RX Japan株式会社)の「自動運転EXPO」にて、株式会社マップフォー(以下「マップフォー」)のブース内において、自動運転技術を活用した屋外対応の無軌道型自動搬送サービス「eve auto®」(イブ・オート)の実車両を展示いたします。

 ブースでは、自動運転システムの導入事例紹介のほか、eve autoにも使用されている、マップフォーが自社開発した3次元データ計測システム「SEAMS」や高精度3次元地図作成ソフトウェア「MAP IV Engine」が実演展示されます。 工場や物流施設関係者の屋外搬送で課題感をお持ちの方や、導入を検討中で車両を実際に見てみたい、または運用イメージを実際に確認したい事業者様向けに、3次元地図の特徴と併せて紹介いたします。

「eve auto®」https://info.eveautonomy.com/2p8ssyhs

【展示会場概要】
展示会:第16回 オートモーティブ ワールド ‐クルマの先端技術展‐ 「自動運転EXPO」
会 場:東京ビッグサイト
会 期:2024年1月24日(水)~26日(金)
ブース:東6ホール  E50-22  マップフォー ブース
開催時間: 10:00 ~ 17:00 入 場 料: 無料

マップフォーの技術が「eve auto®」の強みに

 eve autoの自動搬送サービスには、マップフォーが開発する高精度三次元地図作成ソフトウェアであるMAP IV Engineを用いた高精度三次元地図および位置推定評価手法が採用されています。
 三次元地図はeve autoサービス導入準備時に現場の環境をスキャンして作成し、この地図を用いて車両の走行ルートをウェブブラウザ上で柔軟に指定、変更することができます。導入工事は不要、1週間程度で運用を開始することが可能です。

イメージ:レーザーセンサーによるスキャンデータ
イメージ:地図データ上の車両交通ルール定義

屋外⾃動搬送サービス「eve auto®」について

https://info.eveautonomy.com/2p8ssyhs

 eve autonomy は⼯場や物流施設向けに、主に屋外における事前の設備⼯事を必要とせずに⾃動搬送システムの導⼊を実現するソリューション「eve auto®」を提供しております。屋外環境においては、段差や坂道などの路⾯環境に加え、⾬や⽇照の天候条件など、屋内より厳しい環境での運⽤が求められます。 eve auto®は、⾼い信頼性により全国で活⽤されている EV カートと、⼀般公道においても活⽤される最先端の⾃動運転技術を活⽤し、⾬天や夜間でも⼯場等の敷地内屋外環境で⾃動運転レベル 4 での無⼈搬送運⽤を実現しているため、24 時間稼働が求められる施設での運⽤も可能です。

【主要スペック】

  • 製品名    : eve auto(イブ・オート) FG-01
  • 寸法/重量  : 全長2,275×全幅1,105×全高1,885(mm)/483kg
  • 最大牽引重量 : 1,500 kg
  • 最大積載重量 : 300kg
  • 駆動方式   : DCモーター/リチウムイオンバッテリー(スペア交換可能)
  • バッテリー  : リチウムイオンバッテリー(スペア交換可能)
  • 最大走行速度 : 手動運転時19km/h、自動運転時10km/h
  • 最大登坂性能 : 9.6度(17%)無負荷・手動運転時、 6.8度(12%)積載300kg・自動運転時
  • 安全機能   : レーザーセンサーによる障害物検出と停止、バンパーセンサー、
             緊急停止スイッチ
  • 自動運転機能 : 自動運転レベル4
             (自律移動、交差点横断・右左折、障害物検出による一時停止)
  • 主な管理機能 : FMS(フリートマネジメントシステム)
             PC、タブレットで利用可能なクラウドシステム
             走行ルート設定、停留所設定、ステータス監視、走行開始・停止制御
  • 設備連携機能 : eve auto connectによる自動シャッター連携、信号機連携、
             パトランプ連携 等

eve auto製品・サービスページ:https://info.eveautonomy.com/mv77sfe6
導⼊事例紹介ページ:https://info.eveautonomy.com/2p9c8u4n

本件に関するお問い合わせ

株式会社eve autonomy 事業開発部
TEL:0538-37-9304/Mail:mk@eveautonomy.com
Web:https://info.eveautonomy.com/yckthjyy

株式会社eve autonomy

本社:静岡県袋井市久能3001-10  
代表取締役社長:星野 亮介
HP:https://eveautonomy.com/

 eve autonomyは、「今日から自動化」をスローガンに、工場や物流施設の主に敷地内での屋外搬送業務を、自動運転技術の活用により無人搬送を実現するサービス「eve auto®」を提供するソリューションプロバイダーです。ヤマハ発動機株式会社と株式会社ティアフォーの技術力を結集し、世界最先端の自動運転技術と長年グローバルで培ってきた品質と信頼を基に、社会課題解決に取り組み、世の中の変化に求められるワークスタイルの実現に貢献してまいります。

PDF版はこちら

写真等のDLはこちら