eve autonomy

導入事例

NTT東日本のローカル5G施設「スマートファクトリー&ロジスティクスラボ」のオープンにあたり「eve auto®」を導入

~工場・物流施設の屋外搬送においても、工程変更時の現場負担を軽減する5G対応ソリューションとしての活用を展示~


 株式会社eve autonomy(イブ・オートノミー、静岡県袋井市、代表取締役:星野 亮介、以下「eve autonomy」)は、このたび、東日本電信電話株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:澁谷 直樹、以下「NTT東日本」)が、同社のローカル5Gを活用した、次世代の製造・物流工程を実現する「ローカル5Gスマートファクトリー&ロジスティクスラボ」を開設し、その施設へeve autonomyの提供する屋外対応型の自動搬送ソリューション「eve auto®」が導入されました。

ローカル5Gスマートファクトリー&ロジスティクスラボの外観
施設内観
施設に導入された「eve auto」

「ローカル5Gスマートファクトリー&ロジスティクスラボ」オープンの狙い

 近年、情報化社会への変遷に伴う顧客ニーズの多様化を背景に、多種多様な製品を必要な量だけ生産することが主流となってくるのに伴い、生産工程の頻繁な変更、工場作業員の多能工化などが求められる中で、デジタルアシストツール(AIカメラ・作業支援システム・スマート電動工具等)の活用による品質の平準化や省力化が進んできております。

 これらデジタル化においては、工程変更が発生する度に、ネットワーク機器やそれらをつなぐために多量に配線されたケーブルの配線変更や配管新設・撤去が必要となります。これらの現場負担軽減といった課題を想定し、広域・低遅延かつ高速なローカル5Gによる工場設備の無線化や、デジタルアシストツールの活用を促進することでお客様のスマートファクトリー&ロジスティクスの実現を本施設の狙いとし、ローカル5Gオープンラボの近傍に、次世代の製造・物流工程をイメージしたショールーム兼開発検証施設を設立しています。

NTT東日本ニュースリリース:https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20240124_04.html

施設への「eve auto®」の導入

 eve autonomyは2022年より、工場や物流施設向けに主に屋外にける自動搬送を実現するソリューションサービス「eve auto®」を提供し、現在30以上の拠点に約50台を導入し運用を行っています。本ソリューションは、ルート上の路面や設備環境に工事不要で導入ができ、ルート変更もソフト上で容易に変更ができることから、NTT東日本のスマートファクトリー&ロジスティクスにおけるテーマである「工程変更時の現場負担軽減」のツールの一つとして、ローカル5Gに対応したeve autoが導入されています。

 屋外環境においては、段差や坂道などの路面環境に加え、雨や日照の天候条件など、屋内より厳しい環境での運用が求められますが、eve auto®は、高い信頼性により全国で活用されているEVカートと、公道における最先端の自動運転技術を活用し、雨天や夜間においても物流施設等の敷地内屋外環境において自動運転レベル4での無人搬送運用を実現しているため、24時間稼働が求められる施設での運用も可能です。

「eve auto®」:https://info.eveautonomy.com/yckwys5j

eve autoの車両外観
eve autoの特徴

【主要スペック】

  • 製品名    : eve auto(イブ・オート) FG-01
  • 寸法/重量  : 全長2,275×全幅1,105×全高1,885(mm)/483kg
  • 最大牽引重量 : 1,500 kg
  • 最大積載重量 : 300kg
  • 駆動方式   : DCモーター/リチウムイオンバッテリー(スペア交換可能)
  • バッテリー  : リチウムイオンバッテリー(スペア交換可能)
  • 最大走行速度 : 手動運転時19km/h、自動運転時10km/h
  • 最大登坂性能 : 9.6度(17%)無負荷・手動運転時、 6.8度(12%)積載300kg・自動運転時
  • 安全機能   : レーザーセンサーによる障害物検出と停止、バンパーセンサー、
             緊急停止スイッチ
  • 自動運転機能 : 自動運転レベル4
             (自律移動、交差点横断・右左折、障害物検出による一時停止)
  • 主な管理機能 : FMS(フリートマネジメントシステム)
             PC、タブレットで利用可能なクラウドシステム
             走行ルート設定、停留所設定、ステータス監視、走行開始・停止制御
  • 設備連携機能 : eve auto connectによる自動シャッター連携、信号機連携、
             パトランプ連携 等

eve auto製品・サービスページ:https://info.eveautonomy.com/2p8aswz5
導⼊事例紹介ページ:https://info.eveautonomy.com/mptmxy55

本件に関するお問い合わせ

株式会社eve autonomy 事業開発部
TEL:0538-37-9304/Mail:mk@eveautonomy.com
Web:https://info.eveautonomy.com/bdcmfuff(HPの問合せページ)

【ローカル5Gスマートファクトリー&ロジスティクスラボに関するお問い合わせ】

NTT東日本 ビジネス開発本部 無線&IoTビジネス部 5G/IoT企画担当
Mail: local5g-openlab-ml@east.ntt.co.jp

株式会社eve autonomy

本社:静岡県袋井市久能3001-10  
代表取締役社長:星野 亮介
HP:https://eveautonomy.com/

 eve autonomyは、「今日から自動化」をスローガンに、工場や物流施設の主に敷地内での屋外搬送業務を、自動運転技術の活用により無人搬送を実現するサービス「eve auto®」を提供するソリューションプロバイダーです。ヤマハ発動機株式会社と株式会社ティアフォーの技術力を結集し、世界最先端の自動運転技術と長年グローバルで培ってきた品質と信頼を基に、社会課題解決に取り組み、世の中の変化に求められるワークスタイルの実現に貢献してまいります。

PDF版はこちら

写真等のDLはこちら