eve autonomy

屋外搬送 “今日から、自動化”「2023国際ロボット展」ヤマハ発動機ブースにeve auto®を出展

~自動運転技術により工場や物流施設の屋外搬送の自動化を工事いらずで実現するソリューションeve auto®のデモンストレーションを展示~

 株式会社eve autonomy(静岡県袋井市、代表取締役:星野 亮介、以下「eve autonomy」)は、11 月 29 日(水)から 12 月 2 日(土)まで、東京ビッグサイトで開催される世界最大級のロボット・トレードショー「2023 国際ロボット展(iREX2023)」(主催:一般社団法人日本ロボット工業会、日刊工業新聞社)のヤマハ発動機ブースに、自動運転技術を活用した無軌道型自動搬送車両eve auto®の搬送デモンストレーションを展示いたします。

2023 国際ロボット展 ヤマハ発動機ブース(イメージ)

ヤマハ発動機ブースでは、“μto km(ミクロン・トゥ・キロメートル)~Robotics Transportation~”というテーマのもと、様々な次世代搬送の新たなスタイルを展示します。

その中で、工場や物流施設においてこれまでは自動化が難しかった屋外における搬送を、最先端の自動運転技術を活用し、主に工場の生産技術部門や物流の施設企画担当者の向けに、環境への変更をせずに実現する「今日から、自動化」をコンセプトとしたeve auto®の実際の操作や動き、導入までのプロセスなどをご紹介します。さらにはヤマハ発動機の開発するリニアコンベアモジュールなどとの連携による自動化ソリューションのデモンストレーションもご覧頂けます。

屋外自動搬送サービス「eve auto®」

eve autonomyは工場や物流施設向けに、主に屋外における事前の設備工事を必要とせずに自動搬送システムの導入を実現するソリューション「eve auto®」を提供しております。屋外環境においては、段差や坂道などの路面環境に加え、雨や日照の天候条件など、屋内より厳しい環境での運用が求められます。eve auto®は、高い信頼性により全国で活用されているEVカートと、公道においても活用される最先端の自動運転技術を活用し、雨天や夜間でも工場等の敷地内屋外環境で自動運転レベル4での無人搬送運用を実現しているため、24時間稼働が求められる施設での運用も可能です。

自動運転EVを活用した屋外対応の自動搬送ソリューション「eve auto®」

【主要スペック】

・eve auto製品・サービスページ:https://eveautonomy.com/service

・導入事例紹介ページ:https://eveautonomy.com/casestudy

【展示会場】

展示会:2023 国際ロボット展(iREX2023)

 場 所:東京ビックサイト

 会 期:11月29日(水)~12月2日(土)

 ブース:東4ホール E4-18 ヤマハ発動機ブース内

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社eve autonomy 事業開発部

Mail:mk@eveautonomy.com

Web:https://www5.yamaha-motor.co.jp/jp/eveautonomy/contact/input


PDF版ダウンロード

高解像度画像はこちら